Calendar
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>
☆典型的B型ニッキ☆
・好きなこと、好きなもの、好きな人とだけ関わりたい。
・めんどくさいことだいっきらい。
・細かい作業が好き。
・人と一緒がいや。
・人と一緒だと安心。
・自分のルーツに対する異常なまでの執着心。
・時に異常なまでの執着心のなさ。
・去るもの追わず。
・熱いの大好き。
要するに、自分のことがよくわからない。
Profile
Comment
Mobile
qrcode
Search
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - |
夏のタルト作り*

スポンジよりもタルト好き。

チーズケーキの土台がスポンジだとがっかり…

モンブランも、メレンゲじゃなくてタルト生地派。

なんか濃厚なパンナコッタのようなものに、
甘酸っぱいフルーツソースをかけたのが食べたいな〜とふと思って、
ババロアをタルトにして、フルーツ乗っけてみよう!とひらめいた

こーやって、何かと何かの組み合わせや、
冷蔵庫の中身を思い出して、献立を考えることが、
本当に大好き!

思いついたら、携帯にメモメールをしょっちゅう送ってる。
(メール送って終わりってことが圧倒的に多いけど。。)


・マンゴーとライムのババロアタルト
マンゴータルト





















タルト生地は、飯倉さんの師匠、シダ先生のレシピ。
バニラビーンズの入ったババロアは、3分キューピークッキングのレシピ

タルト生地にババロア流して、うまく固まるか心配だったけど、
今回、ウソのようにうまく行きました!

カットして、実家へ。

ママのお誕生日タルトでした
おみやげ





















このタルトのあまり生地を冷凍しておいて…



・大好きなEテレの「グレーテルのかまど」。

映画「トースト」に出てくるレモンパイがテーマの回。

見終わったと同時に、TSUTAYAへGO

あったあった!
トースト





















出てくるキッチンや、車など、全てがツボすぎて、
あーもーこの映画、私ランキングに入っちゃうな〜と思いながら観てたら、

後半の展開でランキング入り果たせず。。
レモンパイ





















映画の内容はさておき…

レモンものに目がない私は、すぐにレモンカードを作りたくなる。

冷凍庫に眠ってるクッキー生地のことを思い出す!

レモンパイ作れるじゃん!!


まずは、レモンカード。
レモンカード





















それをたっぷりしきつめて、
ミニレモンパイ焼けました〜!
レモンパイ





















・フルーツたっぷりタルト。
タルト





















桃は、色が変わってしまうので、コンポートに。
コンポート





















レモンがなかったのですだちで代用。

桃の皮も一緒に煮ると、きれいなピンクになります。

叔母へのお土産に
おみやげ





















コンポートのシロップでグラニテ。

凍らせて、フォークでがりがりを、数回繰り返すだけ。
グラニテ





















天然のピンクがキレイ

愛ちゃん手作りのグラノーラと、桃のグラニテで、
かわいらしいデザート。
スイーツ





















次は何タルトにしようかな。。

| - | comments(4) |
夏の珍客*

毎年夏になると私のアパートにやってくるお客さま。。

(去年のお客さまはこちら。→)


仕事から帰ってきて玄関のドアを開けたとたん、
耳元でぶぉ〜んという音とともに、私の髪の毛をさ〜っとかすって、
なにかが入ってきた!!

(あーーもう終わったな。。)

と、これから立ち向かわないといけない現実に対し、半ばあきらめの境地で、
その正体を確かめようと怯えながら目をこらすと。。

狂ったように狭い部屋の中を飛び回る、なにやら大きな黒い物体。

(とんぼ?)

いや、でも40年生きてきて、こんな巨大なトンボ見たことないし!

私の知ってるトンボって、もっとふわんふわん浮いてるし!

とにかく、異常にデカくて、速くて、壁や電気にがんがんぶつかってる。


もーおそろしすぎて、どうにもできず、奥の部屋を暗くしたまま、体育座り。。
(トンボは目が悪いのかな?暗い部屋にはまったく入ってこない。)

意を決して、玄関のドアを開けに、床を這いつくばったけど、
いっこうに出ていかなーーーい


体育座りしながら、スマホで検索。
「トンボ 巨大」

すぐさま出てきたのが、「オニヤンマ」という文字。

あーもーこの画像と一緒だね。オニヤンマ確定だね。

オニヤンマ恐怖体験談出てくるでてくる。

「スズメバチをも喰うオニヤンマ…」

そんな文章読んだら、なおさらもー。


そうこうしてるうちに、ぶんぶん飛び回ってた音が聞こえなくなった。

あーーもーこれ最悪のパターンじゃん。姿消すやーつー。
とんぼ





















いましたよ、こんなところに。

電気のコードと化してやがった。


その後ここ。
とんぼ





















その後ずっとここ。
トンボ





















こっちもだんだん共存に慣れてきて、
でも電気は消したまま、2h体育座り。。

そしてある時、何もなかったようにぶ〜んと出て行った。


miorinに話したら、それってご先祖さまがトンボになって、
megの様子を見にきたんじゃ・・・

最初聞いたときは、またまたぁ、そんなこと言って〜!笑

と思ってましたが、

この日、7月14日。

お盆じゃーーーーん!!


あれは未だヨメに行か(け)ない私の様子を見に来たおじいちゃん、
はたまたおばあちゃんだったのか?!

| - | comments(4) |
最近まとめ*
























































































































































































































































































































































































































































 

| - | comments(2) |
アンティークの椅子*
古いものが大好き。

いつかはアンティークのテーブルとチャーチチェアが似合う、
古いけど手入れされた小さな家(とはいえ今よりは広い。)に住みたいな〜と憧れつつ、
早十数年。。

・初めて買った椅子は、イギリスのアンティーク。
アンティーク





















この椅子がうちに来たとき、
置いただけで、もうずーっとそこに居たようなしっくり感がありつつ、
その椅子の周りの空気が変わったような気がはっきりとしたのを覚えてる。

いったいどこで誰に座られてきたんだろう…と思いを馳せるのも楽しい。


・これは、下北のアンティークショップで買った幼稚園の椅子。
アンティーク





















さび具合がいい感じ。


・千葉のカフェの片隅にいたこの子。
アンティーク





















迷ってる私に、「車だから家の前まで送ってあげるよ!」と背中を押してくれたmiorin。

あのとき買ってよかった〜!

正面こんな。
アンティーク
















これは日本製なのかな?

この3つ、普段はこんな風に並べて加湿器置き場にしてます。
加湿器置きば
















・軽井沢のアンティークショップにて連れ帰り。
アンティーク





















これも正面いいね。
上から。
















・それからアンティークじゃないけど、ずっとうちにある椅子。
いす





















パイプ部分が元は緑だったんだけど、
自分で白く塗ったもの。

座るところが割れちゃってるし、たいして気に入ってるわけでもないんだけど、
何度も命拾いして今日までうちにいる。

2脚あって、1つは窓際に置いて一服するときに座る用。

もう1つは、こんな風に枕元に。
まくらもと。





















ちなみにこのスヌーピーの時計は、私が子供のころから使ってるもの。

立派なアンティークだね。
| - | comments(0) |
雪のバレンタイン*
バレンタイン、なんだかんだで好きなイベント。

ちょっとした気持ちを…ということで、
瞬時にギリとわかるものを!
チョコ





















シャッフルして、ラッピング。
チョコ





















そんな金曜日、先週末に引き続いての雪予報。

そうはいっても今回はたいしたことないんじゃない?!

…って、なんかすごいことになってきてますけど。。

会社の屋上。
屋上





















人事から、15時以降帰っていいですよメールまできた。
(てかさっさと15時に帰ってる人いるし。笑)

帰るどころか夜の約束を誰もリスケしようとしない私たちですが。

むしろテンション上がってます↑


雪のアイランドタワー。
アイランド





















樹氷だー。
アイランド





















アイランドタワーのこのパティオ。

サクラダイニングのオープン前、
夜中の2時とかにこの場所でひとり黄昏れてた記憶などあり、
やや思い出深く。

こーやってお客さんとして来る日を待ちわびてたわけであります。
サクラにて。














サクラにて。














大雪のため、さすがにお客さん少なく。。
サクラ














でも実はこのお客さんがいない感じも、ホテルダイニングっぽくて好き。


食事を終えて外に出ると、
アイランドタワーのシンボル、「LOVE」も雪化粧。

バレンタインにふさわしい1枚。
LOVE





















はしゃぐはしゃぐ。
わ〜い!





















雪














で、こける。
こける。





















清水の舞台から飛び降りて買った白ダッフル。

なぜかこれを来てる日に泥酔して転ぶ。。

まだ3ヶ月くらいしか着てないのに、もう薄汚れてる。

どのタイミングでクリーニングだそうかな?というのが目下の悩みであります。
| - | comments(3) |
東京・45年ぶりの大雪*

先週金曜日のこと。

去年の成人式の大雪が記憶に新しい中、
東京に大雪の予報!(午前3時ごろから振り始めるらしい。)

しかもソチオリンピック開会式!!
(午前1:14〜。2014年にちなんで現地時間の20:14開始。)

そして週末!!!

3拍子そろった金曜日、私のテンションはマックスに

鎗ヶ先の立道屋で飲んで帰って来て、
ほろ酔いのまま開会式を見ながら、
相変わらずださださ日本のユニフォームにひとりつっこみ、
さ〜寝ようかな…って思った午前3時ごろ、予報通り雪が降り出した。

朝起きると、いつもより部屋が明るく静かな雰囲気に、雪を確信。

わくわくしながら窓を開けると…
真っ白*





















わお!

予想以上に積もってる!!
おとなりさん





















雪景色*





















ものほしざお





















雪化粧*





















ふふふ。引きこもりの準備はできているのだ。
ひきこもり。





















とはいえ、暇!
雪だるま*





















作るでしょ。
雪だるまたち*





















一日中吹雪きのような横なぐりの雪が降り続く。

こんなのは、生まれて初めてだわ〜って思ってたら、
やっぱり45年ぶりだと。

大雪の記憶と言えば、私が小2のころ。
あれが30年前だから、あの時よりも積もったってことなんだなー。

40近くなっても雪にはときめくね。

雪もやんだ日曜日、都知事選に向かう途中。すごいのいた。
こわっ





















なにやら今週末もまた大雪。

春まではもうしばらく。

| - | comments(0) |
麻のナプキン
またもや石井ゆかりの牡牛座本の話なんですが、
 
「時には素晴らしいバッグの縫い目やら、古びた茶碗のひびまで愛します。」
 
そーゆー感覚すごくある。

洋服よりもタグの感じが好きだったり。


使い込んだ麻のクタっとした感じ、
ぽよんとした感じ(なんて言い表せばいいんだろう…)、たぷたぷ?

とにかく好きすぎて、は〜好きだわ〜ってなる。

家では麻のナプキンオンリー。

ランチョンマットにしたり、お弁当包んだり、普通にハンカチとしても使うし、
なんといっても吸収性がすばらしく、毛がつかないから食器拭くのに最適。
洗ってもすぐ乾くし。
麻たち





















ラミーが混ざってたり、コットンが混ざってたりすると、
あの麻独特のドレープが弱まるので、
やっぱり麻100%、そしてリトアニア産が好き。

特にfogのリネンは安くて最高です。

エプロンもfogのをずーっと愛用中。
| - | comments(0) |
THE BODY SHOPのホワイトムスク
高2のときに、表参道のボディショップでなにげなく匂いをかいで、
それから22年、私の香りはこれです。
ホワイトムスク





















ボディショップもあの頃はまだ表参道にしかなかったんじゃないかなー。

22年ってちょっと怯える年月。。

それくらい私って、ものに執着しやすい性質なんだなー改めて。
(こわいぐらいあっさり諦めたりすることもあるんだけど。)

人生で唯一腑に落ちた星座本、石井ゆかりの「牡牛座」の中に、
あるものに価値を認めると、そこにとどまることがもう一つの価値になる…
と書いてあったのだけど、まさにそれだと思う。


ボディショップのホワイトムスクには、

パフュームオイル…アロマオイルみたいなの。朝つけると1日中もつ。
オードパルファム…香水。半日くらいもつ。
オードトワレ…コロン。数時間で飛ぶ。

があって、一時期はオイルを使っていたけど、
今はパルファムを愛用中。

朝出かける前に、右手首に一吹きして、左手首とすりすりしてから、
耳の後ろに。


私は若い頃(高校くらいかなー)、森瑶子に共感しまくった時期があり、
自分が目指す大人の女像ってこれこれーーって、
なんの疑いももたずに、それに近づこうとしてた。

たとえば、実家から嫁に行かない(一人暮らしのススメ)とか、
電話は相手が切ってから切るとか、失恋しろとか、おごってもらうなとか、
語尾をひっぱるしゃべり方をしないとか、そんなん。

それって、どう考えてもモテベクトルではなく、女子ウケベクトル。。

そう気づいたのは、けっこー最近。あは。

なにがいいたいのかというと、森瑶子語録の中に、
香水は、すれ違ってからしばらくして、ふわっと香るのがいい…
的なのがあったと思うんだよね。

ということで、つけ過ぎ注意!!
(森瑶子読みあさってたわりに、ここ1年以内ほどの直近に、
人から臭いと言われたことあり。
ベクトル違うどころか、身になってもないという。。とほほ。)

だけど、今までの人生で、5回くらい知らない人から、
「何つけてます?」って聞かれたことあるの。それってすごくない?

一度なんて、となりにいる彼氏に聞かれて、
彼女が聞いてるんですけど〜って。笑


カルバンのエタニティ、ckone、ベルサーチのブルージーンズ、
カボティーヌ、HUGO、ディオールのDUNE、ファーレンハイト…

大学時代の友達や、昔好きだった人がつけてた香り。

街で時々香ってくると、その時の気持ちにタイムスリップする。


ホワイトムスクをかいで、私を思い出してくれる人いるかな
| - | comments(3) |
Herve Chapelierのナイロントート
マイファーストエルベは、19歳の時。
 
浪人中に、予備校バックとして、下北のセレクトショップで購入。

水色×ベージュの肩から下げられるタイプのものだった。
(公式HPより写真拝借。このタイプ。)
エルベ





















数年使うと、底の四隅に穴が開いてくるので、
マイエルベも淘汰されてきたけど、
いったい今まで何個買ったんだろう。
(昔は代官山のセントジェームスの2Fにエルベコーナーがあったんだよね。
白金のプラチナ通りにもセントジェームスあったなー。)

基本的にものすごくガサツな性格なので、
買ったばかりの時は丁寧に丁寧に扱うんだけど、
その期間が極端に短い。。

その後は、がんがん地べたに置くし、投げるし。
圧倒的に人よりも物の劣化が早い。
 
でもたぶん、私がどんなにガサツに扱っても、
それでもついてきてくれるような頑丈な道具的なものが好きなんだなー。

私があちこちにエルベを持って行ってる写真、残ってるかな?と、
昔のアルバム掘り起こしてみた。

・初めての海外旅行(サイパン)にも持って行ってるね〜。ミニサイズ。
サイパン














97年の10月だって。23歳ーーー!!!!
微笑み方がちょっと若い感じ?!今より全然腕細い。。

・これは24歳くらいかなー。深田と。携帯がなつかしい!
深田と。
















バリ島にも一緒に。チェキ時代なのね。


 
なつかしの彼との箱根旅行にも。エルベのリュックしょって。
箱根
















周りの人が、グッチやらプラダやらヴィトンやら、
はたまた、ギャルソンやらヨージやらツモリやらをせっせと買っていたとき、
私はひたすら数千円のエルベを使って来たわけだ。


そして今も現役、手元にあるものたち。

・これは、2年前の北海道旅行用に買ったもの。
エルベ


















 
2〜3泊の旅行にぴったり。

・これはいつだったかなー、でも比較的最近(3年くらい前?)、
仕事用バックとして購入。
エルベ



















何度か洗濯(これまたガサツさの顕われですが、洗濯機で。)してるので、
色が褪せてるけど、薄い紫×グレー。
 
・今でも仕事で重い荷物両手にかかえて現場に行くときとか、
旅行に持って行ってるナップサック。
 
たぶん10年選手。濃い紫。
リュック




















・これは、15年くらい前、友達がパリで買って来てくれたもの。
さっきの深田との写真に写ってるやつ。

日記帳入れとして、押入れに入れてるものを、
ひっぱり出して来た。
最古


















 
手持ち用だけど、この型を肩から掛けるのが、マイブームだった時があったな。
かたっぽの紐だけ腕に通して、かたっぽはだら〜ん。

イメージは、90年代コギャルの学校バックの持ち方ね。(古…)
コギャ













腕を通すのがけっこー大変で、夏しかできなかったけど。笑

・それから、これは一体いつ買ったんだろう。
ポーチ













 
最近ポーチをひとつなくしたので、
引き出しの中に何年も眠っていたこれを引っ張りだして来てまた使ってる。

 
40になろうとしても20代の時と持ってるもの変わらないってどーなの?
って思うけど、やっぱり好きな物は変わらないんだよね。

ただ、おばさんが無理して若者ぶってる図はほんとに痛いので、
そうは思われないようにしたいなー。

今年は、大人カジュアルを目指したい!!
| - | comments(8) |
今年も1ヶ月過ぎようとしてますが…
今年初めてのブログ投稿。

ちょっと前まで自分の中で一番大事にしてたブログ。

アップするのが面倒になってきたのは、
Facebookやインスタ、ツイッターなど、TLという名の通り、
使い捨て、読み捨てのSNSで事足りてしまう気がしていたからなのですが…

近頃、たいして仲良くもない知り合いの日常をかいまみることに、
うんざりしている自分に気づいたり、
TVと同じで、なんとなく何かとつながっている安心感だけ?

そんな風に感じ始めていて。

とは言え、このブログを書き続けることに対して、
自分の中でのマンネリ感も否めなく。。

年も明けたことだし、
新たにブログ立ち上げよっかなーとも思ったのですが、
ちょっと趣向を変えて…

今年40になる自分が、若い頃からずっと変わらず好きなもの、
愛用してるもの、そばに置いておきたいもの。
(B型的。気に入らない物(人も!)は自分のテリトリーに入れたくない。
物でも人でも場所でも、
どうしても自分の気に入るコレクション的な感覚がある。)

そーゆーのを書いて行こうかな、と思いついた次第!

あとは、FBで書くと、嫌味になりがちな仕事のことなんかも。

やっぱりブログって、自分の備忘録としての役割も大きいし、
大げさなんだけど、作品的な思い入れがあるんだよね。

自分とはこーゆー人間!ってゆーのを、
記録として残したい気持ちの現れなのかな。


ということで、週末は、
この狭い城の中にある、それらの写真を撮ろうかな!

細々と続けていきますので、
引き続き、たまに覗いてもらえれば幸いです☆
| - | comments(2) |
| 1/38 | >>
Material by Night on the Planet
Template by NoIndex